ファミリーマート、30%省エネを目指す次世代型モデル店を船橋にオープン

ファミリーマート、30%省エネを目指す次世代型モデル店を船橋にオープン

ファミリーマートは、最新鋭の省エネ設備と災害対応を兼ね備えた次世代型フラッグシップ店舗として、「ファミリーマート船橋金杉店」(千葉県船橋市)を、2月14日7時に開店する。

同店では「環境負荷低減」、「災害時の営業継続」、「新技術の活用」の検証を目的に、ファミリーマート初となる「太陽光発電リチウムイオン蓄電池システム」やコンビニエンス業界初となる「次世代有機EL照明」をイートインのタスクライトに導入するほか、13の最新省エネ設備を店内外に採用した。これらの取り組みにより、同店舗の電気使用量は通常店舗と比較して約30%削減することを目標としている。

同店の主なポイントは以下の通り。「環境負荷低減+災害時対応」として採用した「太陽光発電+リチウムイオン蓄電池システム」では、太陽光で発電した電気の一部を店内照明などに利用する。また、余剰分は蓄電池に貯め、停電時の非常電源として備え、POSレジや照明に供給することで、店舗の営業継続を可能にする。

「環境負荷低減」としては、コンビニエンスストア業界初となる地中熱を空調に利用する「地中熱ヒートポンプ空調」、ファミリーマート初となるCO2冷媒利用システムによるノンフロン化により地球温暖化を抑制する「ノンフロンCO2冷媒-冷蔵冷凍システム」を採用した。

その他、コンビニエンスストア業界初となる新技術として、不要になった際に再利用が可能な100%硬質紙素材を使用したコクヨファニチャー製「硬質紙リサイクル陳列棚」39台を導入した。本陳列棚は、製造時など従来のスチールの商品陳列棚と比べて、CO2排出量を約70%削減することができる。また、イートインコーナー用カウンターとイス(6人用/1セット)に、同社製の高知県「結の森」のFSC認証の間伐材(ヒノキ)を使用した製品を採用した。

ファミリーマート船橋金杉店では有機EL照明がイートインカウンターの手許を照らす - 環境ビジネスオンライン

照明にはイートインのタスクライトとして「次世代有機EL照明」のほか、時間帯や季節で店内照明の明るさと色も可変制御な「調光調色LED照明システム」を導入した。ともに東芝ライテックの製品。有機EL照明は、触れても熱くなく、目に優しい柔らかなあかりが特長。今回製作した照明器具には東芝が独自開発した透過型片面発光パネルを採用し、消灯時は透過して見え、点灯時には店内側だけが発光し、外側からは窓が店内を照らしているかのように見える等、有機ELならではの新しい照明のカタチを提案している。

LED照明器具は、1本の直管形LEDランプで色温度を変化させることができるほか、制御機器と組み合わせることで、時間帯や天候に応じて色温度や明るさを変化させることが可能。また、ランプ単体として120 lm/Wの高効率を実現し、約20%の消費電力削減を実現している。

ファミリーマートでは、これらの設備について検証を重ねた結果、他店にも導入可能な機器に関しては積極的に拡大し、店舗全体の電気使用量削減と共に、社会・生活インフラとしての店舗づくりを目指す計画だ。


詳細

シャープの高天井・街路灯向けLEDデバイス、明るさ14,000lmに

シャープの高天井・街路灯向けLEDデバイス、明るさ14,000lmに

シャープは、14,000lmの光束(明るさ)を実現した100Wクラスの照明用LEDデバイス「GW7GAL50SGC」を開発、発売する。3月5日からサンプルを出荷し、5月から量産開始。サンプル価格は9,000円(税込)。月産個数5,000個を目指す。

同デバイスは、熱伝導率の高い材料を基板に採用することで放熱性を高め、従来の50Wクラスの照明用LEDデバイスに比べて、熱抵抗を約1/3に抑えたのが特長。また、投入電力を有効活用することにより光束14,000lmの大光量を実現し、高天井照明や街路灯向けに、輝度ムラの少ない高出力LED照明の製品化に貢献する。

さらに、従来比約1.3倍の143lm/Wの発光効率を実現し省エネ性能を高めるとともに、40,000時間の長寿命によりメンテナンスの負担を軽減。また、配線時のハンダ付けが不要となるコネクタ接続方式を採用し、照明機器の製造プロセスの短縮化・省力化にも貢献する。

現在、高出力が求められる高天井照明や街路灯の多くはメタルハライドランプや水銀灯が光源に採用されているが、LED照明の普及が急速に進む中、今後はLEDデバイスへの切り替えが期待されている。


詳細

イカ釣り漁船も省エネ化 水中で使える高輝度・小型LED

イカ釣り漁船も省エネ化 水中で使える高輝度・小型LED

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の先導的産業技術創出事業(若手研究グラント)の研究開発において、鹿児島大学は、北九州産業学術推進機構とともに、高輝度・小型のLED水中照明の開発に成功した。

今後、フィールド試験を通じてさらなる改良を進め、集魚灯を用いた漁業の低消費エネルギー化に加え、従来型LED照明では輝度の不足で導入が難しかった水中土木作業、海底探査分野についてもLED照明の導入を進めていきたい考えだ。

漁船上における点灯試験の様子

漁船上における点灯試験の様子


詳細

経産省、再生可能エネルギーの推進など平成25年度予算案を公表

経産省、再生可能エネルギーの推進など平成25年度予算案を公表

経済産業省は、1月29日、平成25年度政府予算原案が閣議決定したことを受けて、平成25年度予算案及び24年度補正予算案の概要など、同省関連資料を公表した。同省関連の両予算を合わせた総額は約2兆円を超える規模となる。

重点化する分野として、(1)復興・防災対策、(2)成長による富の創出(民間投資の喚起、中小企業・小規模事業者対策等)、(3)暮らしの安心・地域活性化、の3つの柱をあげた。主な25年度予算案の内容は以下の通り。

(1)復興・防災対策

世界最先端の浮体式洋上風力発電システムを福島県沖に設置し、発電を行う本格的な実証事業を行う「実施浮体式洋上風力発電所実証研究事業(委託)」95.0億円をはじめ、福島県を「再生可能エネルギー先駆けの地」とすることで復興を実現する「再生可能エネルギー次世代技術開発事業」3.0億円、「福島県市民交流型再生可能エネルギー導入促進事業(委託・補助)」5.0億円を計上した。

(2)成長による富の創出

日本の産業再興を目指すとともに、中小企業・小規模事業者対策及びエネルギー・環境対策の推進、地域活性化の促進並びに国際展開戦略の加速化を図り、名目3%以上の経済成長を目指す。

うち、「産業横断的な省エネルギー等投資の促進」として、工場・事業場等における省エネ設備への入れ替えに対して補助を行う「エネルギー使用合理化事業者支援補助金」310億円(平成24年度当初予算額298億円)、省エネルギーや電力需給の安定化等に資するガスコージェネレーションや自家発電設備等の分散型電源の設置を促進する「分散型電源導入促進事業費補助金(補助)」249.7億円(新規)などを計上。

また、「クリーンエネルギー関連産業の創出」として、2015年の燃料電池自動車の市場投入に先駆けて、自動車に水素を充填する水素ステーションの整備に対して補助を行う「水素供給設備整備事業費補助金」45.9億円(同新規)や、

国内4地域(横浜市、豊田市、けいはんな学研都市(京都府)、北九州市)において分散型システムの実証を行う「次世代エネルギー・社会システム実証事業費補助金(スマートコミュニティ実証)」86億円(同106億円)、太陽電池のシリコン基板を薄型にする要素技術の開発や一回の生産で生産できるパネルの面積を広げる生産技術の開発等を実施する「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発(独法交付金)」48億円(同59.8億円)などを計上。

さらに、民間投資の喚起にむけた、中小企業・小規模事業者対策では、「住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金(補助)」110億円(同70億円)で、住宅・ビルのネット・ゼロ・エネルギーを推進するため、高性能設備機器等(空調・照明・給湯等)の導入を支援する。

再生可能エネルギー(風力、太陽光、地熱等)関係では、「風力発電のための送電網整備実証事業費補助金(補助)」250億円(同新規)で、風力発電の適地を重点整備地区と定め、大消費地圏への送電のための送電網を整備する民間事業者を支援する。また、来年度予算において、北海道地区の送電網敷設に着手する。

また、平成24年度補正予算事業として、「スマートマンション導入加速化推進事業(補助)」130.5億円で、マンション全体のエネルギー管理を行う事業者(MEMSアグリゲーター)を通じて導入されるMEMS(マンション・エネルギー・システム)の設置費用の一部を補助する。また、「次世代自動車充電インフラ整備促進事業(補助)」1,005億円で、EV(電気自動車)プラグインハイブリッド車PHEV)(に必要な充電インフラの整備を加速することにより、次世代自動車の更なる普及を促進する。

【参考】
経済産業省 – 平成25年度経済産業省予算案の概要


詳細

東工大、カルシウムと窒素からなる高伝導性の新電子化物を発見

東工大、カルシウムと窒素からなる高伝導性の新電子化物を発見

東京工業大学フロンティア研究機構の細野秀雄教授らは、化学式「Ca2N」を持つ層状構造化合物が、新しいタイプのエレクトライド(電子化物)であることを発見した。

同物質は、カルシウムと窒素というありふれた元素の化合物。試料全体が2次元電子ガスの結晶と見なすことができ、電子が極めてスムーズに動くため、金属カルシウムより高い電気伝導性を持つのが特長。今回発見された化合物も、同教授らが発見したC12A7エレクトライドのようにユニークな物性を有するため、高伝導性が必要な電極や触媒など、いろいろな応用が期待される。

一般に結晶は「陽イオン」と「陰イオン」からなる。エレクトライドは「陰イオン」の役割を担う物質。同大は、最大の課題だった室温以上・大気中でも安定なエレクトライドを2003年に「C12A7(12CaO・7Al2O3)」を用いて実現し、以降、電子放出源、アンモニア合成触媒などへの応用を報告してきた。

しかし、エレクトライドは、電子が存在する場所がケージ(0次元)構造に限られていたため、同大はコンセプトを拡張し、電子が2次元の隙間に存在する物質を探索していた。その際「Ca2N」に注目。同物質は試料に問題が多く、固有の物性を評価ができておらず、エレクトライドとして認識されることはなかった。

今回、同大は、その結晶構造から、これが[Ca2N]+で構成される層同士を層間に存在する電子が結び付けているエレクトライドではないかと考え、研究を進めた。合成法の工夫によって高純度な試料を合成し、単結晶の作製にも成功。これを使って、電子・磁気・光学物性測定の測定を行い、その結果と理論計算から、すべての電子「(e-)」が層間に存在し[Ca2N]+・e-という示性式で示される2次元のエレクトライドであることを発見した。

【参考】
東京工業大学 – 研究最前線「2次元性エレクトライドを発見」


詳細