東芝の二次電池、導入加速のカギは「分散型電力」

東芝は、オートメーション技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2015」(2015年12月2~4日、東京ビッグサイト)に出展。同社のリチウムイオン二次電池である「SCiB」を搭載した各種のバッテリーシステムやソリューションを提案した。
詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください