京都・平等院鳳凰堂の大改修が完了 LED照明で消費電力55%減

東芝ライテックは、平等院鳳凰堂(京都府宇治市)のライトアップ照明として、LED照明機器を納入した。

池の対岸に設置されたLED投光器はシステムとして制御されており、時間経過とともに各ポイントの明るさを変化させることで鳳凰堂の陰影を変化させ、さまざまな表情を演出する機能を備えている。今回のLED照明機器の設置により、従来使用していた設備に比べ消費電力を約55%削減できる。LED照明機器によるライトアップは、10月初旬から開始される予定。

(※全文:489文字 画像:あり 参考リンク:なし)


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください