太陽光発電の電気、そのままLED照明などに供給 直流給電システム

太陽光発電の電気、そのままLED照明などに供給 直流給電システム

戸田建設は、興和および東京整流器と共同で、ZEB化に向けた技術の一つとして、戸田建設筑波技術研究所内に、太陽光パネルで発電した直流をそのままLED照明等に供給することができる直流給電システムを導入した。

直流給電システムは直流給電装置に蓄電池を組合せたシステム。交流と直流の変換時のロスが少なくなるため、再生可能エネルギー(太陽光発電等)の更なる有効利用が可能となり、既存システムと比較して約10%の省エネを実現できる。

本システムは、筑波技術研究所本館に設置してある既存太陽光発電システムへ2014年2月に導入された。一般的な太陽光発電システムは、太陽光パネルで発電した直流を交流に変換し、更にLED照明等の機器内で、交流を直流に変換して使用している。この従来システムでは、直流と交流の変換が繰り返される度に、電力変換ロスが生じていく。

研究所内に導入した直流給電システムは、太陽光パネルで発電した直流を、そのままLED照明や携帯電話の充電装置に供給し、電力変換ロスを少なくしたシステム。従来システムでは、2回あった電流変換が、本システムでは0回になるため、約10%の省エネを図ることができる。

また、本システムの導入により、晴天時の就業時間中には発電余剰電力を蓄電池にて蓄え、夜間等の非発電時でも蓄電池からの電源供給が可能となり、発電エネルギーのみでLED照明電力をまかなうことが可能となった。

 晴天日の太陽光発電量・照明と商用電源使用量の例(1日)

晴天日の太陽光発電量・照明と商用電源使用量の例(1日)


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください