埼玉県の三井のリパーク駐車場に「ソーラーLED街路灯」を初導入

埼玉県の三井のリパーク駐車場に「ソーラーLED街路灯」を初導入

三井不動産リアルティ(東京都)は、埼玉県さいたま市に開設した「三井のリパーク」武蔵浦和駅前第2駐車場に、「三井のリパーク」で初めて「ソーラーLED街路灯」を導入したと発表した。

今回、導入された「ソーラーLED街路灯」は、日照時にソ-ラーパネルで太陽光による発電を行ない、蓄電された電力で夜間にLEDを点灯させる自家発電の省エネ街路灯。停電時の街路灯としての機能はもちろん、防水コンセント2口が設置されており、非常用電源として利用できる。2口で最大120Wまでの出力が可能で、災害時(停電時)にラジオやスマートフォン・携帯電話などを充電することができる。

さらに、同駐車場には、24時間利用可能な「電気自動車専用充電スタンド」(200V用1基)、カーシェアリング・ジャパンが運営するカーシェアリング・サービスの拠点「カレコ・カーシェアリングステーション」(1台)が設置され、環境と地域社会に優しい駐車場を実現している。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください