コニカミノルタ、世界最大の照明見本市で最新型有機EL照明パネルを出展

コニカミノルタは、世界最大の照明・建築の見本市「Light + Building 2014」(会期は3月30日から4月4日まで、ドイツ・フランクフルト)に出展することを発表した。

同社が出展するのは、調色機能付、超薄型のフレキシブルタイプ有機EL照明パネルの、試作品を使用したデモンストレーションモデルで、独自の製膜技術を活用したもの。「cradle of light(光のゆりかご)」をコンセプトとする今回の出展モデルの概要は下記の通りとなっている。

「Irodori」(いろどり)

「Irodori」(いろどり)


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください