横浜市、市内の道路灯11万基をESCO事業でLED照明に切替え 提案募集中

横浜市、市内の道路灯11万基をESCO事業でLED照明に切替え 提案募集中

横浜市は、自治会・町内会が所有する防犯灯をLED照明に変えるESCO事業について、入札の実施を告知した。

今回の横浜市の提案は、東京電力やNTT東日本が所有する電柱に設置された蛍光灯をLEDに交換し、その工事から維持管理まで行う業務を民間企業に10年間契約で委託するもの。その事業者を一般競争入札によって決定する。事業内容は落札者の提案計画に沿う形になる。

工事費用や設備投資は事業者の負担だが、横浜市は複数年ごとにサービス料として、事業後に削減した費用の一部を事業者に支払う。
委託される地域は、A地区(鶴見区、神奈川区、西区、中区、保土ケ谷区、港北区、緑区、青葉区、都筑区)とB地区(南区、港南区、旭区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)。交換予定の蛍光灯は、両地区合わせて約117,000灯。

入札予定価格はA地区が989,496,000円、B地区が950,292,000円(消費税及び地方消費税相当額含む)。

入札までのスケジュールは、
12月24日~28日までは入札説明書、落札者決定基準などの交付
2月24日~28日までが提案書類の提出期限
3月3日~11日が技術提案書審査ヒアリング
3月14日が入札日となり、4月には契約締結。平成27年の3月には工事が完了し、4月からは10年間のESCOサービスが開始となる予定。

落札者評価に関しては、入札価格のほか、設計、設置、設置管理、維持管理、運営及び事業計画等の提案内容を総合的に評価される。技術提案書のヒアリング時に技術点(満600点)で評価し、その後の入札で評価される価格点(満400点)を合わせて、総合的評価(満1000点)が下される。

横浜市では、温室効果ガスの削減を目的に、市全体で防犯灯のLED化を進めている。しかし、今年度末時点でのLED交換が完了したのは全体の約21%。横浜市はLED化を早急に行う必要があるとし、ESCO事業を活用することにした。ESCO事業導入により、平成26年度末時点にはLED化は約85%(約156,000灯)に至っている予想。

ESCO事業とは、既存の設備を省エネルギー化した最新設備に取り替えることで、それまでの維持管理費の削減を試み、削減分で設備コストを補う事業。

【参考】
横浜市 – ESCO事業を活用して防犯灯のLED化を進めます


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください