ルーヴル美術館の「モナ・リザ」「赤の間」の照明、東芝製LEDに改修

ルーヴル美術館の「モナ・リザ」「赤の間」の照明、東芝製LEDに改修

東芝は、2010年よりフランスのルーヴル美術館とともに進めている照明改修プロジェクトで、昨年5月から実施している「モナ・リザ」の展示照明システムと「赤の間」の天井照明器具における同社製LED照明への改修工事を完了した。

これにより「モナ・リザ」の展示照明システムでは、あかりの均斉度を従来システムより向上させることで、絵画の濃淡を忠実に再現。また、より自然光に近い形で見られるよう、色温度を調整するシステムも搭載したほか、絵画の褐色を防ぐ紫外線・青色光を最小限に抑えた。「赤の間」の天井照明は、昼光を採り入れた展示室で常に一定の色温度で絵画を鑑賞できるよう、絵画の照度を一定に保つ新しい制御電源を採用。消費電力は約60%、照明器具の総重量は約72%低減した。

同社は、2010年にルーヴル美術館とパートナーシップ契約を締結。これまで、2011年12月にピラミッド、ピラミディオン、パビリオン・コルベール、2012年5月にはナポレオン広場を同社製LED照明に改修し、消費電力を約73%削減するなど、環境負荷低減に貢献してきた。今後、2014年春にはクール・カレ(方形の中庭)、2014年中頃にはナポレオン・ホールの照明についても、同社製LED照明への改修を予定している。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください