丸亀製麺、店舗照明をオリジナルLEDに 年間の電気代を2億円削減

丸亀製麺、店舗照明をオリジナルLEDに 年間の電気代を2億円削減

讃岐釜揚げうどん 「丸亀製麺」など多数の店舗を運営するトリドール(兵庫県神戸市)は、大光電機(大阪府大阪市)とフェニックス電機(兵庫県姫路市)の協力を得て、店舗向けオリジナルLED照明を開発した。このLEDは、高いエネルギー効率と優れた演色性が特長で、提供商品の鮮度感を向上させる効果が期待できる。

すでに新店への設置を開始しており、2014年5月末を目処に既存の店舗へも拡大する予定。全店舗約800店をオリジナルLEDへ順次切り替えることで、年間約2億円の電気料金の削減と約4,000tのCO2の削減を実現、また、店舗運営に伴うエネルギーコストを大幅に削減することで、環境負荷の軽減を目指す。将来的には、社外販売も計画している。

同社店舗の外観を照らす照明は、従来1店舗あたり185Wを16基使用していたが、オリジナルLEDに切り替えることで、88W×8基で同等以上に明るくすることが可能になった。また、店内の照明は、従来は50Wだったものが5Wと、大幅に電力を抑えながらも同等以上に明るく、手づくり・できたての商品の鮮度感を伝える。同社が重視する、オープンキッチンによる調理の臨場感や讃岐の風情感が最大限伝わる店舗を実現し、さらにはイニシャルコスト10%、ランニングコスト75%のカットを実現した。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください