小田急電鉄、電車内に業界初の調光機能付LED照明を導入

小田急電鉄、電車内に業界初の調光機能付LED照明を導入

小田急電鉄は、車内照明の消費電力をより効率的に削減するために開発した調光機能付きLED照明を、3月4日に営業運転を開始する4000形の新造車両に搭載すると発表した。このLED照明は東芝ライテック製で、特殊な調光用制御回路を搭載することで、鉄道車両では初となる明るさの切り替えを実現した。

今回、LED照明を導入する車両は4000形1編成(4065号車×10両)。運行区間は小田急線全線(小田原線、江ノ島線、多摩線)。納入台数は、調光機能付40W形LED車両照明、20W形LED車両照明(非調光4台)の計240台。

この調光機能付LED照明は、3段階の車内照明の設定が可能。「全光」では、車内照明をLED化することで、従来の蛍光灯(消費電力50W)と比べると、全光点灯時でも消費電力を約50%削減できる消費電力25Wを実現。

LED照明「調光レベル1」の小田急電鉄の車内 - 環境ビジネスオンライン

「調光レベル1」の車内


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください