LEDで昼夜変化、入院患者向けの新照明システム

LEDで昼夜変化、入院患者向けの新照明システム

ウシオライティングは、戸田建設、村田製作所とともに、サーカディアンリズム(生体リズム)と無線通信技術を融合した、次世代病院向け照明システムである「スマートホスピタルライティングシステム」を共同開発、実証実験を開始したと発表した。

本システムは、単調な入院生活で弱りがちな「生体リズム(サーカディアンリズム)」を、LED光による昼夜変化を体感することで維持、生活サイクルの安定を図るもの。サーカディアンリズムとは、生物の約24時間周期で変動する生理現象(概日リズム)のことをいう。人間の体内時計では、睡眠から覚醒などホルモン分泌や体温変化のコントロールを行っている。

この新しい照明システムの開発にあたっては、戸田建設が医療・福祉施設の施工で重ねてきた豊富な知識とノウハウ、村田製作所がもつ無線通信技術、ウシオライティングの色温度にフォーカスした光色制御といった各社が得意とする技術を持ち寄った。具体的には、短距離無線通信規格の1つで、複数の端末機器を一括で制御できる「ZigBee®(ジグビー)」、「ケルビンコントロール(色温度制御)」という照明制御の新たな考え方などを導入している。

無線通信技術では、電池なしで信号を送信することができる電池レス無線スイッチと、「ZigBee®(ジグビー)」による多彩な照明制御技術を組み合わせることで、患者と離れた場所からでも、手軽に、さまざまな照明制御を可能にする、環境に優しいバッテリレススイッチシステムとした。また、配線が不要になるので、設置時、あるいはリニューアル時の工期短縮、コスト削減にもつながる。

また、電球色(3000K)と昼光色(6500K)のLEDをケルビンコントロールするLED照明システムにより、日の出、日中、日没、夜間といったシチュエーションに対して自在に照明設定ができるので、それぞれのシーンや雰囲気にマッチした、快適な照明を再現する。

戸田建設本社ビルに設置されたスマートホスピタルライティングシステム

戸田建設本社ビルに設置されたスマートホスピタルライティングシステム
(写真左から、朝~昼~夕方を光色制御)


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください