東京農工大など「深紫外線LED」を開発 殺ウイルス、植物育成制御に

東京農工大など「深紫外線LED」を開発 殺ウイルス、植物育成制御に

東京農工大学は、トクヤマと共同で、世界トップレベルの出力特性を有す「深紫外線LED」の作製に成功した。トクヤマは今年中にユーザー評価を開始し、2015年度までの事業化を目指す。東京農工大では、殺ウイルス、植物育成制御分野など様々な分野でクリーン、長寿命、小型、低消費エネルギーな深紫外線LEDの特徴を活かした新市場の創出を検討する。

低圧水銀ランプから深紫外線LEDへの置き換えの利点

低圧水銀ランプから深紫外線LEDへの置き換えの利点(クリックで拡大)


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください