トッパン・コスモ、施設用の大型LED投光器の取り扱い開始

トッパン・コスモ、施設用の大型LED投光器の取り扱い開始

トッパン・コスモは、韓国大手メーカー及び国内メーカーの製造するLED照明器具の販売権を持つトゥーミックスと大型LED投光器に関する共同販売契約を締結したと発表した。これにより、日本国内のスポーツ施設や商業施設向けに、利用シーンに応じた約40種類の大型LED投光器の本格的な販売を開始した。

今回販売を開始する大型LED投光器は、国産・海外メーカー製品の中からから厳選した高機能タイプ。水銀灯250ワット相当からメタルハライドランプ2000ワット相当までの約40種類をラインナップ。特に2000ワット相当のタイプは国内最大級の光量となる。また、全ての製品に「まぶしさ防止対策」として、光拡散レンズやミラーによる拡散効果を付加し、今までLED特有の直進光による競技への影響が懸念されていたスポーツ施設での導入が可能となった。

同製品は3タイプあり、「大光量タイプ」は、新技術の冷却機構を搭載することにより大型化を実現、2000ワットメタルハライドランプとの1対1交換を可能にした大光量タイプ。大型のヒートシンクが不要となり、小型・軽量化も実現。「強制冷却ファン装備タイプ」は、過酷な使用状況でも高い放熱性を維持できる強制冷却ファンを装備したタイプ。埃の付着を防止するために、一定時間ごとに冷却ファンが逆転する機能付き。「耐塩食処理加工タイプ」は、プールでの使用に適した耐塩食処理を施したタイプとなっている。

トッパン・コスモは、電力消費の多くを占める大型照明の代替として大型LED投光器の販売を強化し、既存施設の代替需要も含め2015年に100億円の売上を目指す。さらに、総合的な省エネルギーソリューションを推進し、主に体育館、競技場などのスポーツ施設や大型商業施設に向けて積極的に販売展開していくほか、工場や倉庫などへの普及を目指す。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください