東芝、岩手県中尊寺にLED照明と太陽光発電システムを寄贈

東芝、岩手県中尊寺にLED照明と太陽光発電システムを寄贈

東芝グループは、東日本大震災からの復興支援活動の一環として、岩手県への観光集客力の拡大に貢献するため、世界文化遺産に登録されている岩手県平泉の中心的構成資産である中尊寺に、LED照明設備と太陽光発電システムを寄贈すると発表した。

中尊寺新覆堂内の金色堂や仏像、荘厳の芸術性・精神性をより効果的に表現できるLED照明を導入し、9月22日の一般拝観から点灯される予定。中尊寺金色堂においてLED照明を導入するのは、今回が初めて。また、自然と共生する平泉の理念に賛同し、自然エネルギーを活用する5kW規模の太陽光発電システムを寄贈し、LED照明の改修に合わせて発電が開始される。これにより、同社は東北地方へのさらなる観光客集客に貢献したい考えだ。

今回の照明設備の改修にあたっては、現地調査、ヒアリングから照明デザイン、製作、施工を通じて、人類の大切な文化遺産を守り継承していくために、同社グループとして照明技術を結集して取り組んでいる。

同社は、被災地域における自立支援などを目的とした復興支援プラン「東芝 東北ASHITAプラン」を策定し、被災地域への支援を行っており、今後も被災地の状況を踏まえながら、継続的に支援を行いたい考えだ。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください