京王電鉄バス、路線バスの車内照明にLED照明を順次導入

京王電鉄バス、路線バスの車内照明にLED照明を順次導入

京王電鉄バスグループは、7月14日より路線バス車両内の蛍光灯を順次LED照明に切り替えることを発表した。これにより従来の蛍光灯に比べ約50%の消費電力を削減できる見込み。また、長寿命のため、照明の交換サイクルが長くなることから、廃棄物の削減にもつながる。

今回LED照明を導入するのは、京王電鉄バス株式会社、京王バス東株式会社、京王バス中央株式会社、京王バス南株式会社、京王バス小金井株式会社の5社。2012年度は58両の導入を予定し、現有車両727両をすべてLED搭載の車両に切り替える計画。

同グループは、環境負荷の低減や省エネルギー化を推進しており、環境保全活動に関する認証制度「グリーン経営認証」を2007年に全営業所で取得している。また2011年度より一部のバス営業所の外灯照明をLED照明に変更するなど、環境に配慮した様々な取り組みを実施している。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください