静岡県に太陽光・省エネ・EMS導入のガソリンスタンド BCP、節電対策に

郵船商事とオムロンは、静岡県の伊東シーサイド給油所で、経済産業省がサービスステーションの強化を目的に普及を推進しているグリーンステーション化工事を行い、3月13日より運用を開始した。太陽光パネル、LED照明等、温暖化対策設備を導入し、EMSを用いて電力使用量やCO2排出量を制御し、その効果検証を行う。

今回、同給油所で導入されたシステムは、太陽光発電システム(4.95kw)、蓄電池(リチウムイオン電池)、LED照明、EMS(エネルギーマネジメントシステム)を組み合わせたもの。太陽光発電システムの発電量は年間約5,400kWhを見込んでおり、給油所での年間使用電力量の約8%にあたる。また、照明のLED化や蓄電池によるピークカットの効果も合わせると、全体で約25%の節電効果を見込んでいる。

同給油所では、夜間電力を蓄電池にため、それを日常的に昼間の電力ピークカットに使用することが可能なうえ、災害停電時には太陽光発電からの電力を蓄電池経由で給油設備の電源に使用することができる。今回のシステム設計・施工は、オムロンフィールドエンジニアリングが請け負っており、特に電力ピークカット及び災害時対応の可能なシステムは、国内でも導入事例の少ない先進的なものとなる。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください