OKIエンジ 「LED総合評価サービス」でLED製品の開発を支援

OKIエンジニアリングは、1月12日より、LEDの設計・開発・製造を行う企業を対象に、「LED総合評価サービス」の提供を開始する。

本サービスは、熱特性評価システムに光学特性評価システムを組み合わせ、LEDの熱・光学の両特性を同時に測定するとともに、短期間で評価を行い、LED関連製品の開発を支援するもの。省電力・長寿命のLEDは、照明器具のほか、液晶テレビ用バックライトや自動車のヘッドライトなどの用途での利用も広がっている。しかし、両特性評価を含む企業向けのLED総合評価サービスがないため、開発企業は自社で評価設備を揃えなければならなかった。価格は個別見積もりで、2011年度の販売目標は3500万円。

本サービスでは、LEDについて、従来から提供してきた構成材料ごとの熱特性評価、使用環境を想定した信頼性試験、構造・故障解析に加え、新たに積分球(光を空間的に積分する球形装置)を用いた光学特性測定システムを導入し、全光束、色温度など光学特性の評価を可能とした。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください