東和メックス 導光板を利用した、目に優しい高効率LED照明を開発

東和メックスは、住友化学・NTTインテリジェント企画開発と事業提携し、導光板を用いた目に優しい高効率のLED照明を開発し、今年春ごろから発売する。

LED導光板照明は、住友化学が液晶モニター用などで長い実績を持ち、2008年ごろから照明への応用を考えて取り組んでいたもの。同製品は、導光板の側面から入ったLEDの光が拡散反射して均一な光を放射させるため、LED特有の点光源によるまぶしさがなく目に優しい点が特長。併せて、導光板の薄さを活かすことでスマートな空間設計が可能となる。

開発は、住友化学と東和メックスの子会社であるトータルテクノが担当。販売は同じく子会社のオービカルが担当し、NTTグループ会社のNTT-IPDが協力する。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください