矢野経済研究所 一般照明市場はLED照明など省エネの推進が追い風に

省エネ性能と長寿命が特長のLED照明は、価格の高さが普及への課題となっていたが、2009年に入り、メーカー各社からLED電球が発売され、大手メーカーも参入を始めていることから、注目度が増している。2008年に150億円程度だった市場規模は、2009年に335億円と約2.23倍に拡大する見込み。

照明の需要は、景気の低迷や少子高齢化による人口減などで減少するとみている。しかし、省エネを推進する社会の取り組みが追い風となり、LED照明をはじめとする省エネ照明を中心に、市場は回復傾向に向かう見込みだ。

一方で、更なる市場の拡大に向け、有機EL照明などの次世代光源の新たな需要や付加価値を創出する必要性についても言及されている。


詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください