車載規格AEC-Q101準拠の80VデュアルパワーMOSFET

Nexperiaは、LFPAK56D(デュアルパワーSO8)パッケージを採用した、車載向け80VデュアルパワーMOSFETの新製品を発表した。車載規格AEC-Q101に準拠し、エンジンマネジメントやトランスミッション制御、ABS(Antilock Brake System)などに向く。
詳細

中小製造業にこそおいしい「IoTレシピ」と「IoTツール」、RRIが募集結果を公表

経済産業省などが主導するロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)は、中堅中小製造業向け「IoTツール&レシピ」の第2回募集結果を発表した。結果は「スマートものづくり応援ツール・レシピ」として公表し、スマートモノづくり応援隊などで活用していく。
詳細

「怖すぎ」「人間でもビビる」 イノシシ撃退オオカミ型ロボ、世界で話題に (1/3)

農作物荒らし対策の“切り札”として試験的に導入されたオオカミ型フィギュア「スーパーモンスターウルフ」。その姿に「怖すぎる」「人間でもビビる」という衝撃の感想が広がっている。 (1/3)
詳細

三菱電機の新開発ヘッドアップディスプレイ、高精度測位で車線に合わせてAR表示

三菱電機は、「第45回東京モーターショー 2017」において、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)の新技術を盛り込んだコンセプトカー「EMIRAI4」を出展する。
詳細

FA機器生産工場を2倍に拡張、中国の需要増加に対応

三菱電機は、中国江蘇省常熟市を拠点にFA機器を生産する、三菱電機自動化機器製造(常熟)の第二工場を拡張する。FA機器の生産体制を強化し、活発化する工場の自動化と省力化などに伴う需要拡大に対応する。
詳細

ここまで進んでいた欧州のスマート家電、日本企業はどうする? (1/3)

「IFA 2017」で展示されたスマート家電、IoTデバイスの数々を紹介しながら、日本のメーカーとスマート家電がこれから向かう先について考えてみたい。 (1/3)
詳細

「つながる街路灯」から始めるスマートシティー、PTCが取り組み強化

PTCは、スマートシティーソリューションとIoT向けアプリケーション開発運用プラットフォーム「ThingWorx」の提供により、社会イノベーション事業への取り組みを強化する方針を示す。
詳細