「iPhone」発売から10年、しかしスマホは10年後には使われていない?

今日、スマートフォンなしの生活は想像できない。だが、真にスマートなIoTデバイスが普及すれば、スマートフォンは特別な存在ではなくなるはずだ。
詳細

音楽版IoT、100台以上のスマホが音楽に連動

産業技術総合研究所(産総研)は、音楽に合わせてさまざまな端末機器を制御できる大規模音楽連動制御プラットフォーム「Songle Sync(ソングルシンク)」を開発、実証実験を始めた。
詳細

「エアコンを28度に」は間違い? 7割以上がクールビズを勘違い――三菱電機ビルテクノ調査

「ビジネスパーソンの7割以上がクールビズを勘違いしている」――そんな調査結果が発表された。
詳細

東電とソニーのスマートホームは見守りから、IoTivityでオープンにつながるか (1/2)

東京電力エナジーパートナーズとソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートホーム向けのIoT活用サービス「おうちの安心プラン」を共同で開発した。両社ともオープンなサービスプラットフォームとしたい考えで、ソニーモバイルが開発したIoTデバイスはオープンソースのIoTプラットフォーム「IoTivity」に準拠している。 (1/2)
詳細

トヨタとセブン、コンビニ運営で水素活用 FCトラックや蓄電池導入

セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ自動車は、コンビニ運営に水素を活用する取り組みを開始する。燃料電池トラックや燃料電池発電機、蓄電池などを導入し、物流と店舗運営の省エネおよびCO2排出量削減を図る。
詳細

小水力発電でイノシシ対策、農業用水路に簡易型の水車発電機

山口県で、農業用水路を活用した小水力発電が進んでいる。東南部に位置する光市で、県内8カ所目となる発電機が稼働を開始した。発電した電力はイノシシ対策として導入する電気柵や、街灯のエネルギーとして活用していく。
詳細

NECや花王、ダイキン工業など優良工場6工場を発表――「GOOD FACTORY賞」

日本能率協会は「2017年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業を発表した。アジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果を上げた優良工場を表彰するもので、第7回となる今回は中国、ベトナム、日本の6社(工場)が受賞した。
詳細

中小企業が電力の契約先を変えない理由、1位は「現状に不満なし」

大同生命が国内中小企業4378社を対象に実施した独自調査によると、電力自由化に伴い電力購入先を変更した企業は、約1割程度。変更しない理由の1位は「今の電力会社に不満がない」だった。
詳細