一体成型ヒートシンクで効率アップ、さらに省エネになったパナソニック「LED電球プレミア」

パナソニックは、全方向タイプLED電球の新製品「LED電球プレミア」6機種を発表した。新たに開発した“一体成型ヒートシンク”によって効率的に熱を放散できるという。
詳細

マイコン炊飯器のマイコンってどういう意味?――電子機器での役割 (1/3)

マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級者の方からよく質問される「マイコン炊飯器など電子機器でのマイコンの使われ方」についてです。
詳細

東京メトロの新型車両が省エネに、世界初の運転方式で180kWhを削減

東京メトロは千代田線により電力消費を抑えた新たな16000系車両を導入した。補助電源装置の見直しやLED照明の採用などにより、1編成(10両)につき1日平均180kWhの省エネを実現している。
詳細

成長鈍化の国内ソーラー市場、京セラが描く“次の一手”は需給調整の収益化 (1/3)

電力需給がひっ迫した時に電力消費を“自動”で削減できる技術として期待されている「自動デマンドレスポンス(ADR)」。ADRの実証事業に注力している京セラは、東京都内で会見を開き同社のADRへの取り組みの概要と今後の方針について説明。ADRをサービスとして提供し、自社のエネルギー関連事業をさらに強化していく方針だという。
詳細

未来が現実に――IFAで見つけた“使える”スマート家電 (1/4)

肌にやさしいスマートシェーバー、会話がはずむ未来の食卓、有名人の化粧方法を教えてくれるパウダールーム、スマート炊飯器など。白物家電メーカーのブースでは、近未来の生活が垣間見える。
詳細

2016年春に発売決定――ソニー“Life Space UX”の「ポータブル超短焦点プロジェクター」とは? (1/3)

ソニーの「Life Space UX」は、“空間そのもの”を活用してさまざまなユーザー体験を実現するコンセプトの製品群だ。これまでにも「超短焦点4Kプロジェクター」や「LED電球スピーカー」が話題になったが、来年春に仲間が増えることになった。ソニーブースの活用事例を中心に紹介していこう。
詳細