横浜・赤レンガ倉庫で最先端技術「LED通信」の実験開始 誰でもWi-Fiで試験接続可能

ランプサーブ(沖縄県那覇市)は、横浜市、横浜赤レンガ、横浜市芸術文化振興財団の協力のもと、平成26年4月14日(月)から横浜赤レンガ倉庫にて、同社が開発した最先端のLED通信技術を用いた訪日外国人向けの無料Wi-Fiサービス「横浜赤レンガ倉庫LED通信実証実験」を開始する。

LED通信(可視光通信)とは、人の目に見える可視光線帯域の光(電磁波)を目視できないレベルで点滅させ、データをやり取りする通信技術のこと。従来の電磁波による通信のように人体や精密機器に影響を与えることはなく、また通信装置の設置が省エネ、省コストで可能であり、現在世界的に研究が行われている通信技術である。

しかしLED通信では、通信相手以外の可視光はノイズとなって通信を妨げる要因となる。自然空間上には様々な他の可視光、つまり太陽光や照明設備などが存在するため、それらがノイズとなって通信を妨害してしまうのだ。そのため、通信相手以外の光信号を効率的に除去する必要がある。

そこで同社はプロジェクタに利用される DMD(Digital Micro mirror Device)を用いて空間分割装置を構成し、ノイズの排除と複数光源の受光、光源の追尾を可能にする機構を開発することに成功し、N対Nの通信を実現している。

【実証実験での仕様】

  • 通信距離
    青色LED(OP6-4710HP2)を 350mA、3.3Vにて駆動、75MHzのバンド幅でTCP/IPの固定IPにて双方向接続し、100mの距離で日中問わずTCP/IP通信が可能。(2014年2月1日現在)
  • 通信速度
    基本構成はBlue/Green LEDによる1チャネルあたり200Mbpsのデュアルチャネル。
  • 低消費電力
    LED1~3灯、コントローラを含め5W以下での動作を想定。
  • 特徴
    設置が簡易であり、省配線、また監視カメラとの併用もできる。
    • LED通信は将来的に、航空機や船舶との通信など、現在無線で行われている環境の一部を代替することができること、また携帯電話間通信を行うためのバックホールとしての利用や、ITS(Intelligent Transport Systems:高度交通システム)としての、車々間通信、信号機から車両や歩行者へ情報提供、道路照明(街灯)から車両や歩行者へ情報提供など。更には災害時の通信インフラとしてなど、様々な可能性が期待できる技術だ。

      ランプサーブは今回の実証実験の結果を踏まえて、横浜市とも連携して既存の都市インフラ(街灯や屋内外施設)を活用した情報通信設備の拡充も検討していく構えだ。

      なお、赤レンガ倉庫での実験期間は平成26年4月14日(月)~平成26年10月31日(金)まで。場所は横浜赤レンガ倉庫1号館、2号館及び2棟間の一部エリア。サービス利用エリア内にて、スマートフォンやPC等でWi-Fiに接続後、利用言語と簡単なアンケートに回答するだけで誰でも利用可となる。

      また、平成26年4月14日(月)に報道関係者向けの「横浜赤レンガ倉庫LED実証実験開始説明会」が行われる。午後1時受付開始、午後2時開催、横浜赤レンガ倉庫「1号館スポット(1階エントランス)」にて。参加を希望の方は、ランプサーブまで連絡が必要。


      詳細

東芝、照明用白色LEDランプの1W・0.6Wシリーズを生産開始

東芝、照明用白色LEDランプの1W・0.6Wシリーズを生産開始

東芝は、照明用白色LEDの新製品として、「TL1L2シリーズ」(3.5×3.5mmレンズパッケージの1Wタイプ)と、「TL3GBシリーズ」(3.0×3.0mmフラットパッケージの0.6Wタイプ)の生産を3月末より開始する。同製品は、シリコンウェハー上にガリウムナイトライドを結晶成長させる「GaN-on-Si技術」を採用することにより、順電圧(VF)と消費電力の低減を実現したのが特長。

「TL1L2シリーズ」は、一般照明用光源(電球、ベースライト、ダウンライト、シーリングライトなど)のほか街路灯、投光器に、「TL3GBシリーズ」は、一般照明用光源に対応。それぞれ色温度2700Kから6500Kまで全6色がラインアップしている。

同社は、8インチシリコンウェハーによる白色LED素子「LETERAS™」の量産化を世界に先駆けて開始。白色LED製品のラインアップとしては、これまで「TL1F1シリーズ」「TL3GAシリーズ」「TL2FKシリーズ」をリリースしている。


詳細

東京都・埼玉県で「改正省エネ法説明会」が追加開催 報告書の書き方など

経産省は、「改正省エネ法説明会(定期報告書の書き方を含む)」追加開催するにあたり、下記の概要を発表している。

対象は、特定事業者と特定連鎖化事業者などで、参加費は無料。東京と埼玉の2ヶ所で開催される。

東京会場

  1. 場所
    「きゅりあん」(大井町駅より徒歩1分)にて
  2. 日時1
    平成26年4月22日(火)13時30分から(受付13時)
  3. 
 

  4. 日時2
    平成26年5月20日(火)13時30分から(受付13時)

埼玉会場

  1. 場所
    「さいたま新都心合同庁舎1号館2階講堂」にて

  2. 日時
    平成26年6月16日(月)13時から(受付12時30分)

なお埼玉会場では、5月下旬に個別相談が開催される予定で、日程は確定次第、ホームページ上で告知する。

説明会の内容

  1. 「平成25年省エネ法改正の概要について」
    説明者:関東経済産業局省エネルギー対策課
  2. 「平成26年度定期報告書作成について」
    説明者:関東経済産業局省エネルギー対策課
  3. 「平成26年度経済産業省予算の概要と省エネ支援策について」
    説明者:関東経済産業局省エネルギー対策課

申し込みは専用の申込フォームから、1事業者1名でおこない、より多くの事業者の参加のため、既に申込んだ事業者は対象外となる。定員に達した時点で、申し込みは締め切られる。

【参考】
関東経済産業局 – 「改正省エネ法説明会」を追加開催します


詳細

阪神電鉄、鉄道高架下の植物工場を拡大 836m2でレタス1日1,800株

阪神電鉄、鉄道高架下の植物工場を拡大 836m2でレタス1日1,800株

阪神電気鉄道(大阪府大阪市)は、鉄道高架下を活用した植物工場での葉物野菜の水耕栽培の規模を拡大し、農業ビジネスへの取り組みを推進する。

同社では、試験栽培所を設置しグリーンリーフレタスの水耕栽培を行っているが、25日、尼崎センタープール前駅高架下に新たな「阪神野菜栽培所」を設け、新たな品種を栽培するとともに、これまでのグリーンリーフレタスを大幅に増産すると発表した。なお、この栽培所の一部には、三菱化学の完全人工光型植物工場システムが採用された。

この栽培所で収穫された葉物野菜は、阪神電鉄のネットワークを活用し、系列のデパート、ホテル、コンビニ等に販売される予定。また、同社は「水の畑でやさしく育った」をキャッチコピーに、阪神野菜栽培所の野菜全てに「HANSHIN 清らか野菜」というブランド名称を付け、ロゴマーク及びパッケージを一新して販売する。この栽培所は3月に完成、出荷開始は4月上旬~中旬を予定している。

阪神電鉄では、2012年2月から大物駅~抗瀬駅間高架下に、「阪神野菜試験栽培所」を設置し、グリーンリーフレタスを水耕栽培を栽培している。本栽培所のグリーンリーフレタス1日当たりの生産量は約300株。栽培面積は93.4平方メートル。今後、本栽培所では主に試験栽培用に使用する。

今回設置する「阪神野菜新栽培所」は完全人工光型植物工場。建築面積は836平方メートル。従来から栽培していたグリーンリーフレタスに加えて、フリルレタス、ベビーリーフを新たに栽培する。グリーンリーフレタスとフリルレタスの1日当たりの生産量は合計約1,800株。ベビーリーフの1日当たりの生産量は約25㎏(約700パック分に相当)。

三菱化学の完全人工光型植物工場システムでは、ベビーリーフ(水菜、ルッコラ、タアサイ、レッドアジアンマスタードなど)を栽培する。面積は139.06平方メートル(専用部分)。播種から収穫までの日数は21日。栽培棚は栽培ラック6基(1基の栽培段数は6段)。

完全人工光型植物工場は、太陽光ではなくLED照明や蛍光灯によって植物の光合成を促すシステム。今回設置される鉄道高架下のような日照の少ない場所での設置に適している。工場内部は空調により温度が一定に保たれ、また、土を使わない水耕栽培で、農薬を使用せずに新鮮で安心な野菜を安定して栽培することができる。

阪神電鉄では、阪神間において、古くから市街地化したエリアを沿線としていることもあり、周辺道路の渋滞緩和などのため、鉄道の立体化(高架化又は地下化)に早期から取り組んできた。こうしてできた都市部の高架下土地の新たな活用方法を検討する中で、消費地に近いという地の利を生かして、新鮮な野菜を新鮮なうちに届けることができる農業ビジネスへ向けての取り組みとして、植物工場を採用した葉物野菜の栽培を開始した。

今後は、栄養価の高い品種や露地では通年栽培が困難な品種等の栽培にも取り組み、安全・安心で新鮮な野菜をご提供する農業ビジネスを更に展開していく考えだ。


詳細

「温泉熱」を利用する植物工場、まもなく完成 太陽光発電や専用LED照明も

「温泉熱」を利用する植物工場、まもなく完成 太陽光発電や専用LED照明も

富山市が昨年より整備を進めてきた完全密閉型の植物栽培工場「牛岳温泉植物工場」が3月29日に竣工する。同工場は4段式の湛液型水耕栽培システムで、暖房には県内の牛岳温泉の温泉熱を利用する。また、工場の屋上に両面受光型の太陽電池パネル(約15kW)、全灯に植物育成用LED照明(フィリップス製)を採用している。

富山市は、高齢化や過疎化が進む山田地域で、牛岳温泉の温泉熱や太陽光発電等を活用した水耕栽培による完全人工光型植物工場を整備し、エゴマの生産(第1次産業)、加工(第2次産業)、流通販売(第3次産業)までを一体的に行うことで、農業の6次産業化を推進している。将来的には、植物工場での栽培から路地栽培へと展開し、山田地域から市内全域、県内へと拡大させ、国内有数のエゴマ産地を目指している。

同市は、2011年に国から「環境未来都市」に選出されており、公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりを中心に、質の高い魅力的な市民生活づくりや地域特性を生かした産業振興などに取り組むことで、環境や高齢化などの問題に対応し、誰もが暮らしたい・活力ある持続可能なまちの実現を目指している。今回の植物工場プロジェクトは、農商工連携による環境と健康をテーマとした多様なビジネスの推進事業の一環となる。

そのため、工場では、地元の高齢者などを雇用し、外出機会や生きがいの創出につなげるとともに、機能性の高いエゴマを市内の保育所や小中学校の給食などへ活用することで、健康長寿都市の実現も目指す。

採用されたフィリップス エレクトロニクス ジャパンの「Philips GreenPower LED Production Module」は、業界初の遠赤色LEDチップが搭載されている。植物育成に最適な光の波長で、同社は消費電力量あたりHf蛍光灯比2倍以上の収量が得られるとしている。生育スピードの加速により、最大20%の収量の増加または栽培時間を短縮し、生産効率の向上が可能。また、従来の蛍光灯と比較して最大55%の消費電力を削減できる。

【参考】
富山市 – 「環境未来都市」構想について


詳細

埼玉県の三井のリパーク駐車場に「ソーラーLED街路灯」を初導入

埼玉県の三井のリパーク駐車場に「ソーラーLED街路灯」を初導入

三井不動産リアルティ(東京都)は、埼玉県さいたま市に開設した「三井のリパーク」武蔵浦和駅前第2駐車場に、「三井のリパーク」で初めて「ソーラーLED街路灯」を導入したと発表した。

今回、導入された「ソーラーLED街路灯」は、日照時にソ-ラーパネルで太陽光による発電を行ない、蓄電された電力で夜間にLEDを点灯させる自家発電の省エネ街路灯。停電時の街路灯としての機能はもちろん、防水コンセント2口が設置されており、非常用電源として利用できる。2口で最大120Wまでの出力が可能で、災害時(停電時)にラジオやスマートフォン・携帯電話などを充電することができる。

さらに、同駐車場には、24時間利用可能な「電気自動車専用充電スタンド」(200V用1基)、カーシェアリング・ジャパンが運営するカーシェアリング・サービスの拠点「カレコ・カーシェアリングステーション」(1台)が設置され、環境と地域社会に優しい駐車場を実現している。


詳細

ボッテガ・ヴェネタの環境配慮型アトリエ、環境評価制度LEEDの認証を取得

ボッテガ・ヴェネタの環境配慮型アトリエ、環境評価制度LEEDの認証を取得

イタリアのファッションブランド、ボッテガ・ヴェネタは、イタリアのモンテベッロ・ヴィチェンティーノに2013年に新設したアトリエが、ラグジュアリーファッションブランドとしては世界で初めて、環境評価制度「LEED」の新築・大規模増改築部門で最高レベルのプラチナ認証を取得したと発表した。

このアトリエは18世紀に建てられた大邸宅(ヴィラ)を活用しつつ、新しい柱列や建物を増設したもので、改築にあたっては、資材の75%以上を再利用したり、森林管理協議会のFSC認証を得た木材のみを使用したほか、屋根にソーラーパネルを設置するなど省エネ対策も行っている。

このほか、新しく使う建築資材は現地にできるだけ近いところから調達したり、廃棄物についても細かく分別した。設計から施行までの工程は、同社が2010年に取得した国際標準化機構(ISO)の「14001認証」による環境マネジメントシステムの手続きに従っている。また、ヴィラ周辺の土地の緑化に際しては、既存の植生を尊重し、認定を得た資材や植物のみを使用している。

さらに、水や人工照明の使用を制限し、全体のエネルギー使用量を抑制するため、1,200平方メートルのソーラーパネルをヴィラの屋根に設置したほか、雨水をリサイクルするシステム、地熱を利用することで二酸化炭素の排出を抑える暖房・空調システムなども設置されている。

同社は、環境への影響やCO2等の大気への排出を抑えるとともに、水の使用量を測定し汚染物質を減らす綿密な仕組みを展開させるという目標を掲げている。

なお、「LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)」は、米国の非営利組織 グリーンビルディング協会が定めたサステナビリティと環境への配慮に関する規格を順守する建造物について、第三者による認証を与えるプログラム。建設・建造物に関するプロジェクトのタイプや規模に応じたレーティング制度に基づき、必要条件を満たし、加点項目でポイントを得たプロジェクトに対し、いくつかのレベルに分かれた認証が与えられる。


詳細

厚さ4.3mm、重さ42g 塗布型有機EL照明モジュールの量産出荷が開始

厚さ4.3mm、重さ42g 塗布型有機EL照明モジュールの量産出荷が開始

三菱化学とパイオニアは、発光層塗布型有機EL照明モジュールの量産出荷を3月より開始したと発表した。

同モジュールは、定電流回路内蔵の回路一体型。外形寸法92.4㎜角(発光部約76㎜角)、厚さ4.3㎜、重量は42g。電球色(色温度2,870K)タイプで、最大輝度(cd/平方メートル)は3000/2000。発光層を塗布プロセスで成膜することにより、従来の発光層蒸着成膜タイプに比べ、5分の1から10分の1程度へと大幅に製造コストが低減される。

両社は、昨年9月より同モジュールのサンプル出荷を既に行い、量産技術の確立に取り組んできた。今回量産ラインが完成し、量産出荷が可能となった。

製造はパイオニアOLEDライティングデバイス(パイオニアの100%子会社)が、販売はパイオニアと三菱化学両社出資のMCパイオニアOLEDライティングが行う。


詳細

コニカミノルタ、有機EL照明パネルの量産へ 山梨県に工場建設

コニカミノルタ、有機EL照明パネルの量産へ 山梨県に工場建設

コニカミノルタは、18日、山梨県中央市に有機EL照明パネルの量産工場を建設し、2014年度より有機EL照明事業を本格的に展開すると発表した。新工場は2014年夏に竣工し、秋より量産を開始する予定。

現在、コニカミノルタ甲府サイト(山梨県中央市)内に建設を進めている新工場では、生産性に優れるロール・ツー・ロール方式を導入し、基板に樹脂を用いた、白色および調色機能付の樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルを世界で初めて量産する。パネルの生産能力は月約100万枚。

樹脂基板ならではの、軽く、曲がる、割れにくい有機EL照明パネルを提供し、一般照明や建築分野に加え、電気機器や自動車などへの採用も働きかけていく。

有機EL照明は、薄く、軽く、面光源という従来の照明にない特長があり、次世代照明として注目されている。同社では、これまでのマーケティング活動により、フレキシブルな有機EL照明パネルにより、新たな顧客を開拓することができるとの結論に至り、新工場の建設を行うこととした。

新工場で生産する有機EL照明パネルは、白色タイプの外形寸法が150×60mm、厚みが0.35mm、重量が5g。調色機能付の外形寸法が50×30mm、厚みが0.29mm、重量が0.6g。曲率半径はともに10mm。

同社ではかねてより、銀塩感光材料開発や色素開発などで培った機能性有機材料合成技術と機能性有機材料設計技術を活かし、独自のコア技術の力を発揮できる有機EL照明の事業化に向けた研究開発を進めるとともに、積極的にマーケティング活動を行ってきた。

2011年には、りん光発光材料のみを使用した有機EL照明パネルの世界初の商品化を実現、昨年は紙のように薄く軽い樹脂基板フレキシブル有機EL照明パネルや低抵抗透明導電膜を展示会で公開した。今年に入ってからはフレキシブルタイプとしては世界初となる調色機能付と世界最薄の有機EL照明パネルや世界最高効率の白色有機EL照明パネルを発表し注目を集めるなど、業界において先駆的な開発成果を生み出してきている。

なお、同社では、量産開始に先立ち、3月30日よりドイツ・フランクフルトで開催される世界最大の照明・建築の見本市「Light + Building 2014」に調色機能付と超薄型のフレキシブルタイプ有機EL照明パネルの試作品を使用したデモンストレーションモデルを出展する。

有機EL照明パネルは、高いエネルギー利用効率や少ない発熱に加え、蛍光灯のように水銀を使用しないことにより、環境負荷が低く、紫外線を含まないため目への刺激も少ないという特長も持つ。

コニカミノルタグループでは、有機EL照明事業を将来の柱とし、今後も戦略的投資を実行していく考えだ。


詳細

東京都・「JR神田万世橋ビル」が米環境指標LEED認証を2件取得

東京都・「JR神田万世橋ビル」が米環境指標LEED認証を2件取得

JR東日本グループは、17日、昨年1月に竣工したオフィスビル「JR神田万世橋ビル」(東京都千代田区)において、米国などで広く普及している環境指標であるLEED認証制度の2つの認証を取得したと発表した。同グループの施設としては、初めてのLEED認証取得となる。

LEED(Leadership in Energy & Environmental Designの略)は、米国グリーンビルディング協会によって開発・運用されている建築物(敷地利用を含む)の環境配慮基準の認証制度。

JR神田万世橋ビルは地球環境、地域、景観、歴史との共生をコンセプトにした、次世代の環境配慮型ビル。地上20階地下2階で、延床面積は約28,500平方メートル。

同ビルは、テナントビルの躯体・外装・共用部を対象とした認証である「LEED-CS(LEED for Core and Shellの略)」の「GOLD」を昨年12月に取得した。また、ジェイアール東日本ビルディングは、同ビルの3~4階で運営する貸会議室「ステーションコンファレンス万世橋」について、テナント専用部の内装を対象とした認証「LEED-CI(LEED for Commercial Interiors の略)」の「GOLD」の認証を本年3月に取得した。

スタジオルームでは、適切な森林管理のもとに生産された木材を証明するFSC認証を取得した木材をフローリングに使用している

スタジオルームでは、適切な森林管理のもとに生産された木材を証明するFSC認証を取得した木材をフローリングに使用している


詳細