ウシオライティング ハロゲンランプ用E11口金で使用可能なLEDを発売

ウシオライティングは、ミニレフランプ形LED電球の製品として、ハロゲンランプ用E11口金(φ11mm)のソケットで使用できる製品を、8月30日から販売開始する。同社は、ミニレフランプ形LED電球として、5月にE17口金(φ17mm)タイプのソケットで使用できる製品を発売している。同社は、現行品と新製品において、省エネと環境負荷の低減とともに、光の広がりとムラのない均一な光、コンパクトな形状、白熱電球用の調光器対応を実現し、光の質、性能、形状等も含めた互換性の高さを訴求ポイントに拡販を図る。E11口金タイプはオープン価格で、初年度の販売目標は20000本。

ハロゲンランプなどレフランプは白熱電球の一種で、自然光に近い光色や演出性、高い発光効率、長寿命、コンパクトな形状により、商業施設や店舗、飲食店などでスポット照明やベース照明として使用されている。省エネ対策としてLED化が進められる中、省エネ性能だけでなく、明かりとしての機能の面で、レフランプと互換性の高い製品へのニーズが高まっていた。

今回発売するハロゲンランプ用E11口金タイプのLED電球は、3.5Wの消費電力で、JDRφ50ハロゲンランプ20W(中角タイプ)相当の明るさ(最大光度600cd)。JDRφ50ハロゲンランプと比べると、約1/6の消費電力で済み、寿命は7倍の20000時間。


詳細

アイリスオーヤマ 高齢者世帯1,000世帯の白熱電球をLEDに無償交換

生活用品・ペット用品メーカーのアイリスオーヤマは、70歳以上の高齢者世帯1000世帯を対象に、白熱電球をLED電球に無償交換するプロジェクトを開始する。同プロジェクトは、訪問介護サービスを行っている企業・団体が、訪問介護に登録している高齢者宅を訪ねたときに、白熱電球を同社のLED電球「ECOLUX(エコルクス)」に交換するシステム。8月31日まで、同社のホームページで、協力企業・団体を募集する。交換数量は、1世帯につき1球で、1団体につき20球。協力団体を通じて、9月6日~10月8日の期間で交換を行う予定。

白熱電球は半年から1年に1回は交換が必要で、高所などの電球交換は高齢者にとって不便なものとなっている。同社は、プロジェクトを通じ、長寿命なLED電球「エコルクス」に交換すれば約10年は交換が不要で、高齢者世帯に安心な生活を提供できる、という利便性をアピールする。

同社は、LED電球「エコルクス」として、60W相当のLED電球普通7.0W(軽量タイプ)や40W相当のLED電球普通4.8W(軽量タイプ)など4種類をラインナップ。LED電球普通7.0Wに置き換えた場合は、電気代が約90%削減できると試算している。同社のインターネットサイトでは、LED電球普通7.0Wが2180円で販売されている(2010/8/24時点・セール価格)。


詳細

シャープ 業界初、家庭用LEDシーリングライト6機種を発売

シャープシーリングライト「ELM(エルム)」シャープは、LED電球に続く住宅用主照明として、業界初となる、LEDを使ったシーリングライト「ELM(エルム)」全6機種を9月17日より発売する。同製品は、厚さ43mmと薄型デザイン。3機種は、リモコン操作で、赤みがかった暖色系から青みがかった寒色系まで10段階で光の色を変えられる「調色機能」と、10段階の明るさに変えられる「調光機能」を備えた。10段階の調光ができる常夜灯と合わせ、生活シーンに応じて合計110通りの光色と明るさが選べる。また、3つのエコ機能の搭載により、最大で約65%の省エネが可能。家庭の天井についているシーリングローゼット(天井用配線器具)に対応しており、簡単に既存のシーリングライトからの置き換えることができる。寿命は4万時間で、1日10時間使用しても、10年以上取り替え不要。オープン価格で、6機種の合計で月5000台の販売を見込む。

エコ機能は、「エコあかリズム」、「エコ調光」、「エコセンサー」の3つ。エコあかリズムは、独自の照明プログラムにより、朝は寒色系の明るい光で、夕方は暖色系の光というように、一日の明かりを自動で調色・調光する。エコ調光は、目の順応特性を考慮して、ゆるやかに明るさを抑えることで、約20%を省エネする。エコセンサーは、外光や他の照明器具の光を検知して、自動で余分な明るさを抑えることで、つけっぱなしの状態を比べると最大で約60%の省エネとなる。


詳細

コクヨマーケティング 台湾製LED電球を2,480円で販売開始

コクヨグループのコクヨマーケティングは、8月16日から、オフィス向け省エネ商材として、新たに台湾製LED電球の販売を開始すると発表した。今回販売するのは、60W白熱球相当の7W型電球色(E26口金)、7W型昼白色(E26口金)の2品種と、40W白熱球相当の3.5W型電球色(E17口金)の1品種の計3品種。販売価格(消費税込)は、7W型電球色と7W型昼白色が2480円、3.5W型電球色が2280円。同社が中小企業向けに展開しているオフィスのトータル支援サービス「Change(チェンジ)」の「省エネ照明ソリューション」と、コクヨグループが行っている法人企業向けオフィス消耗品購買システム「@office(あっとオフィス)」にて取り扱い、年間で1億円の販売を見込む。

今回のLED電球は、英語社名GloryLightingTechnologyIncorporationの製品。コクヨマーケティングは、すでに「省エネ照明ソリューション」として、サムスン製や国産の蛍光灯型LED照明等を販売しており、LED照明のラインナップを拡充し、オフィス空間や商業空間等の省エネ照明の提案に力を入れていく考えだ。今後は、台湾製の高所用ライトやダウンライト、シャンデリア器具等についても順次取り扱いを開始する予定。


詳細